転職事例3:キャリアを活かして思いがけない異業種へUターン!

加藤 士陽2012年12月13日 by加藤 士陽

今回は、「大学院(薬学部)→公務員(特別司法警察員)→資格試験への挑戦
→企業(法務担当)」と大きく転進を遂げられたNさんにお話を伺いました。

0003

BEFORE 【大阪】国家公務員・技官
AFTER  【愛媛】電機メーカー・法務
Nさんのご経歴
  • >国家公務員(4年)
    大学院に在学中に公務員試験に合格。公務員の中でも特殊任務である特別司法警察員として犯罪にかかわる捜査活動に従事。捜査活動を通して感じた「法律」の 重要性と、誇り高く職務を遂行されている法曹界の方々を目の当たりにし、資格試験へのチャレンジを決意。2年間の期間限定で独学で資格試験の勉強に取り組 むが、不合格。
  • >大手電機メーカー(現在)
    資格試験の勉強を通して得た法律の知識、公務員時代の捜査活動を通して得た行動力とバイタリティ、大学時代に取得した薬剤師の資格が総合的に評価され、大手電器メーカーの法務担当へ転職。

 

今回は「再就職」という形になりますが、その経緯を教えてください。

自 分で2年間という縛りを設けて資格試験の勉強に取り組んだのですが、残念ながら結果が出ませんでした。引き続き勉強することも考えましたが、自分では2年 間全力でやりきったという思いと脱力感みたいなものがあって。金銭的な問題など将来のことを考えた時、無職のままでいることに不安もありました。
そこで、一度別の世界に目を向けて、自分の納得できる転職先が見つかればそちらで頑張ってみようと考えたんです。

どのような形で転職活動されましたか?

最 初は全国展開している人材紹介会社に登録しました。「法律に携われる仕事」ということで職種にこだわって、勤務地は当時住んでいた大阪か、地元である愛媛 を考えていました。当初は地元に帰ってくるつもりはあまりなかったんです。でも活動をしていく中でやはり地元もいいなという気持ちになって。そうであれば 地元の人材紹介会社の方が四国の情報を多く集められているのだろうと思い、たまたまインターネットでアビリティーセンターを見つけて登録したんです。

アビリティーセンターを利用していかがでしたか?

丁寧に対応していただいて本当に感謝しています。すぐにお仕事のご紹介がありましたし、企業の社風だったり人員体制だったり、ホームページを見ただけではわからない細かな情報を事前に教えてもらえたのは助かりました。また、業務説明の機会には車で連れて行ってもらったり、担当の営業の方が私の話をうまく引き出してくださったり。

面接後も私が「魅力的に感じている」ということを企業様にすぐに伝えて下さったお陰で先方も安心したようです。人材紹介会社を挟むことで、給与のことなど直接なら聞きづらいことも聞くことができました。

採用時の待遇についてはいかがでしたか?

給与については自分が最低ラインで欲しいと思っていたものよりも良かったので、本当に満足しています。

通勤は、実家から会社まで少し離れているので約1時間くらいです。車の運転は好きな方なので、朝だけは高速道路を利用して、帰りは一般道路で音楽などを聴きながら自分のリラックスタイムとして有効活用しています。

就職活動で苦労されたことは?

自分のセールスポイントを探すことに苦労しましたね。非営利組織である公務員からの転職ということで、なかなか企業受けするアピールポイントが見つけられなかったんです。

自分の経験を振り返って何を得たのかを考えてみて、報連相の徹底や誠実な対応など「コミュニケーション能力」をセールスポイントにして面接に臨みました。

実際にUターンしてみていかがですか?

今回の転職活動には非常に満足しております。親 も喜んでくれているし、愛媛は高校生まで生まれ育った街なのでやはり「自分の街」という感覚がありますね。気候も穏やかだし、人柄も温和で「暮らす」とい う観点ではとても良い所です。一旦離れたからこそ、地元の良さを再認識できるのかもしれませんね。本当に戻って来られてよかったです。

最後に転職希望者へのアドバイスをお願いします

まずは情報を集めることと、アクションをなるべく早く起こしてみることだと思います。考えているだけでは何も始まらないので、自分一人で悩まずアビリティーセンターなど専門家の人にお話を聞いてみるのも手ではないでしょうか。「そういう方向性もあったんだ!」と、自分が考えていなかったような方向性を提案して下さることもあります。一人で悩まず情報収集しながらアクションを起こす。
あとは自分が今までの仕事でやり遂げたこと、得たものは何なのか、自己分析をすることも大切かなと思います。

インタビューを終えて

非常にユニークなキャリアをお持ちのNさん。
法律や薬学に対する知識もさることながら、Nさんご自身の魅力、すなわちバイタリティやモチベーションの高さが今回の転職成功の秘訣だと思いました。

category / UIターン転職者事例研究

この記事を書いた人

加藤 士陽

加藤 士陽

アビリティーセンター株式会社所属の人材採用コンサルタント。1972年愛媛県新居浜市生まれ。大学を卒業後、グラフィックデザインやソフトウェア開発のフリーランスを経て現職に至る。現在は香川県、愛媛県、高知県、徳島県に本社を置く企業の採用担当者に、Webや紙面媒体での採用広告制作、リクルートイベント企画などのサービスを提供している。

お仕事探しに役立つサイト

関連ブログ

TOPへ戻る