香川県ものづくり企業へのUターン事例:「四国で暮らす」を読んでトータルで仕事することを選択しました

加藤 士陽2015年4月16日 by加藤 士陽

今日は香川県に来ています。

 

今日はUターン転職を成功させたエンジニアMさんと面談しました。

Mさんは前職では関東でIT系のエンジニアをされていましたが、

月の半分以上は終電で帰宅し、時には会社近くに宿泊することがあったようです。
以前のお勤めしていた会社の社員さんからも期待され、いろいろ教えてもらい、

なんとか頑張って業務をこなしていらっしゃいましたが、

実家の都合で故郷香川にUターン転職しなければならない機会がやってきました。

 

その機会にMさんは「四国で暮らす」を読んで、

アビリティーセンターの「四国転職ネットUターン支援サービス」に登録し、

エージェントから求人の紹介を受けていましたが、

大学で工学を勉強されていたので、転職先もやっぱり「ものづくり企業」が良いと考えていたので、

現在の会社に転職を決意しました。

 

ですが「ものづくり」に携わりたいとはいえ、前職で取り扱っていた製品とは全く違うので不安がありました。

ただ入社後、先輩社員から

業界の構造、過去からの技術変遷、工場の設備など、

入社してすぐのMさんの業務には直接必要ないと思われることも

丁寧に教えてもらった際に、

 

「一人前になったら、うちの会社で長期的に勤めて欲しい。」という想いが、先輩社員からつたわってきたそうです。

 

また、最近は仕事になれて、残業がある日でも、

関東でしていた仕事の進め方と比較して考えると、

残業時間数も、仕事の必然性も、ココロのゆとりも変わったそうです。
sikokudekurasu-syosekisenyou

 

 

 

四国転職ネットから販売している「四国で暮らす」という書籍には、

「暮らし」と「仕事」をトータルで考えて、四国へUターンすることを薦めています。

専門家としてキャリアを積むなら、人口集積地がよいかもしれませんが、

暮らしと仕事トータルで考えた時、その専門知識はどこまで必要でしょうか?

改めて考えてみませんか?

category / UIターン転職者事例研究

この記事を書いた人

加藤 士陽

加藤 士陽

アビリティーセンター株式会社所属の人材採用コンサルタント。1972年愛媛県新居浜市生まれ。大学を卒業後、グラフィックデザインやソフトウェア開発のフリーランスを経て現職に至る。現在は香川県、愛媛県、高知県、徳島県に本社を置く企業の採用担当者に、Webや紙面媒体での採用広告制作、リクルートイベント企画などのサービスを提供している。

お仕事探しに役立つサイト

関連ブログ

TOPへ戻る