様々な職場での出会い・経験・学びを楽しむ女性(1/2)

加藤 士陽2017年7月25日 by加藤 士陽

総合人材ビジネス会社アビリティーセンターの紹介で働いている女性を、ワークウーマンハンター・ミヤウチカナエが職場にお訪ねしました。
今回お話を伺ったのは、新居浜市の住友金属鉱山に勤務する小西美佳(こにし みか)さんです。

条件に合った仕事が見つからず派遣会社に相談

住友金属鉱山という会社にやってきました。正門を入ると、技術職らしき男性や訪問者らしきスーツ姿の男性が行き交い、構内は既に歴史在る大企業の雰囲気が漂っています。お話を伺うのは社屋の2階の応接室です。この会社で一般事務のお仕事をしておられます小西美佳さんにお話を伺います。

 

ミヤウチ 小西さんよろしくお願いします。

 

小西さん こちらこそよろしくお願いします。

 

ミヤウチ やはり男性社員さんが多いですね。作業服姿の現場の男性は素敵ですね(笑)。小西さんが仕事をしておられるのは事務系の職場ですね。アビリティーセンターからの派遣でこのお仕事に就かれたそうですが、アビリティーセンターに登録したきっかけはどのような事でしたか。

 

小西さん 高校卒業後ずっと勤めていました仕事を辞めてから、全然違う仕事をしてもいいなあと思ったんですね。私は月1回程必ずお休みをいただかなければならない事情があるんですが、ハローワークに行っても、そのことがあって、なかなか見つからなかったんです。

 

ミヤウチ やっぱり、月に1回のお休みや早退でも、決まりにくいものですか。

 

小西さん 私が希望した所がそういう所ばかりだったのかも知れませんが、ここならと思う所にハローワークから連絡してもらうのですが、やはり、そのことで断られてしまうんですね。私自身が、特に強くこんな仕事がしたいという思いがなかったこともあるのかも知れません。派遣会社の方がいろいろと相談に乗ってもらえるかなと思って登録しました。

 

ミヤウチ なるほど、ハローワークよりも派遣会社の方が自分には向いているかも知れないと考えたのですね。

 

小西さん そうですね。派遣会社であれば、色々な条件など調べてお世話してくれるのではないかと思って登録しました。そうしたらいくつか提示してもらったんですが、その中にここ住友金属鉱山がありました。ここが良かったのは、車で通勤できるところだったんです。それも決め手になりました。

 

ミヤウチ 駐車場があって車通勤できることが決め手だったと(笑)。

 

小西さん 勿論それだけではないんですが(笑)。もう一つ気になって確認した事は、私が休まなければならない時に、担当している仕事はどうなるんだろうということでした。そんな時には男性社員もそれをすることもできるので、月に1回くらいなら対応できますということだったんです。それならできるかなと思いました。職場を見学させてもらってから、働くことに決めました。最初は4ヶ月間の期間限定の仕事でした。

 

分からないことはとにかく聞く


ミヤウチ お仕事はどのようなことをしておられるのですか。

 

小西さん 今はまた違った部署に変わっているのですが、最初入った部署は経理関係の仕事でした。工事関係の書類などを処理していました。自分の知らなかったこともたくさんあって、初めはどうしようって思いましたね。高卒後長く勤めていた職場は大きな所ではあったのですが、実際仕事をする場所は今のような広い空間ではなかったんです。人もここの様には多くなくて、家庭的で和気あいあいとした感じだったので、戸惑いました。なんでここに来たんだろうって思いました(笑)。100人程の人を覚えなければなりませんからね。ぜんぜん分からなくて、最初は辛かったですね。でも、周りの皆さんが優しくしてくださったので、慣れることができました。

 

ミヤウチ 周りの人が優しくても、新しい所で仕事をするということ自体とても大変なことですよね。どうやって乗り越えてこられましたか。

 

小西さん もともとは4カ月の派遣で入りましたから、短い期間だし、自分でやると決めたんだから、とにかく教えてもらってメモしてやるしかないって(笑)。上司が一緒に考えてくれて教えてくれたんです。それで辞めずに頑張れましたね。なおかつ、こうして部署を変わってもう1年頑張ろうかと思えるようになりましたね。他の社員の方も優しい方でしたのでだんだん慣れていったのと、同じ趣味の人がいて、その話などができるようになって、仕事も楽しくなってきましたね。

 

ミヤウチ 最初の部署から今の部署に変わる時にはスムーズに引き継ぎはできましたか。

 

小西さん 引き継いで下さる方が体調が悪かったので、十分な話ができないままだったのですが、エクセルにマニュアルを入れてくださっていましたし、分からない事はいつでもメールしてくださいと言ってもらったので、何とかできました。

 

ミヤウチ エクセルなどパソコンは得意だったのですか。

 

小西さん いえ、全くできなかったんです(笑)。これまでエクセルやワードはほとんど使ってなかったんです。でも、ここで社員さんに教えてもらってできるようになりました。最初はみんな忙しそうにされているので、聞くのも申し訳ないなあと思ってしまって・・・でも、もう聞くしかないんです(笑)、聞いてメモをとって、また聞く(笑)。

 

ミヤウチ そうですよね。もう腹をくくって聞くしかないですよね(笑)。よく乗り越えてこられました(笑)。皆さんが優しくて良かったですね。今の部署へ移ったのはどのような事からですか。

 

小西さん この部署の社員さんが産休に入られるという事で、産休代替として1年間勤めることになったんです。最初の部署で会社には慣れてきていましたし、月に1回はお休みをいただくことも分かってもらっていましたから、引き続き働かせてもらおうと思いました。それに、住友という大企業で働くチャンスはなかなかないでしょうから、この経験は大事にしないといけないと考えました。

 

大きな会社で働いてみて


ミヤウチ 新居浜に住んでいて、住友で働けるという事は、安心だということですね。

 

小西さん そうですね。私が高校を卒業して就職する時には求人がなかったと思います。社員として就職するのはなかなか難しいですから、この機会に働いてみようと思いましたね。

 

ミヤウチ どうですか。そんな大きな会社の仕事をしてみての感想は?

 

小西さん 新居浜に住んでいたのですが、今までは、新居浜を支えてきた銅山の事にはあまり興味がなかったんです。ここで仕事をしてみて「ああ、そういうことだったんだ」と改めて分かることがあるんです。最初に説明を受けた時に、ハイブリッド自動車の電池材料を作っていることなどを知って「ああ、そんな物も作っているんだ」とびっくりしました。会社の名前は勿論知ってはいるけれど、どのようなことをしている会社かはあまり知らなかったんです。海外にたくさんの支店などがあることも、この年になって始めて知りました(笑)。

 

ミヤウチ さすが住友だと気付いたということですね(笑)。福利厚生面はどうですか。

 

小西さん やっぱり、ちゃんとしていて、短時間勤務というんですかね、小さな子供のいる社員さんは、2時間遅く出社したり2時間早く退社したりできるようなシステムがあるんです。そんなところは素晴らしいなあと思います。

 

ミヤウチ 女性の社員さんや、派遣社員さんは多いんですか。

 

小西さん この事務所で1階2階合わせて10人ですね。

 

ミヤウチ 派遣社員は社員と比べて働きにくいということはありませんか。

 

小西さん いいえ、仕事をしている中でそんな区別は感じませんね。働きやすい所です。派遣だからということで不都合を感じることはありません。

 

 

続き(2/2) はこちらから →

category / 四国の働き方図鑑

この記事を書いた人

加藤 士陽

加藤 士陽

アビリティーセンター株式会社所属の人材採用コンサルタント。1972年愛媛県新居浜市生まれ。大学を卒業後、グラフィックデザインやソフトウェア開発のフリーランスを経て現職に至る。現在は香川県、愛媛県、高知県、徳島県に本社を置く企業の採用担当者に、Webや紙面媒体での採用広告制作、リクルートイベント企画などのサービスを提供している。

お仕事探しに役立つサイト

関連ブログ

TOPへ戻る