2014年2月14日

女性が仕事と家庭を両立しながら勉強をするコツ①

しこく女性のワークスタイル研究室の藤江です。今日は、バレンタインデーですね。

社長から、男性社員に素敵なシャンパンが届きました。

 

さて、2月と3月のテーマですが、女性が仕事と家庭を両立しながら勉強をするコツです。

「家族の世話をしながら仕事をする」こと、女性にとってはそれだけでもとても大変なことです。しかし、今の世の中、時代の変化も早くスキルアップやキャリアアップの為に、社外で勉強をしたり、資格を取ったりする必要性も多くの仕事で求められています。

 

このテーマで、しこく女性のワークスタイル研究室の他のメンバーも、自分のコツを皆さんに毎週紹介していきます。

今回は、仕事と家庭を両立させている女性に、女性が仕事と家庭を両立しながら勉強をするコツについて聴いてみました。

 

027

 

3人の子育てをしながら、仕事に復帰したAさんは、子供は愛おしく万能の存在でありながら、自分という存在を完全否定されるような、全てを捧げる生活の中で仕事に復帰することにより、自分の時間を持てるようになり、自分の存在を確認できるようになったそうです。仕事に復帰直後は、講師として教壇に立つときは、2時間の授業の為に、8時間以上の準備をして、1ヶ月で4kg痩せたこともあったそうです。彼女いわく、アウトプットしないといけないという緊張感と実践が、今の自分にとっては一番の勉強だそうです。彼女は、母親が仕事をしたり、勉強をしたりする姿は、家族の成長につながると信じてこれからもがんばって仕事に取り組む心構えだそうです。

 

Bさんは前職の影響で「1年に1資格以上取る」という習慣があります。今は自分が興味を持った分野で、自分で働いた給与で楽しみながらカルチャースクールに通ったり、参考書を買って独学で勉強を継続しているそうです。ご主人の帰宅が遅い為、勉強する時間は十分にあるので、この時間を利用して勉強をされているそうです。 

ライターの仕事をメインに活躍する個人事業主のCさんは仕事柄、

人と会うことが一番の勉強だと思っているそうです。

なので、

・異業種交流会に参加をする。

・少人数で集まって、個人事業主同士で仕事や家庭の話をする。

・SNSに関するものや確定申告セミナーに参加をする。

など、人から誘われたら断らずに時間を捻出しているそうです。

 

Cさんは版画教室に子供をおぶって参加した経験もありますし、また本屋でビジネス書のチェックは欠かさないように努力をされています。また自分でイベントを企画することもあります。ご主人に子供を預けてイベントや勉強会に参加することも多いので、しかし、小さい子供がいる女性が、家族に負担をかけずに参加できる勉強会がおっとたくさんあればいいなと、日ごろ思っているそうです。

 

 025

 

Dさんは、以前は仕事で必要な資格を取る為に、家事などを家族に協力してもらいながら勉強をしていた時期があったそうです。今は「1日1日を充実して心豊かに過ごす」ことを、大切にしながら仕事をされています。時間は自分で作るものという信念のもと、

今年は自分の為に何か資格を取ろうと計画しているそうです。

 

みなさん、それぞれの立場で仕事と家庭と勉強をしているので、同じ質問をしたのですが、勉強に対する考え方や勉強の仕方やその費用の出しかたなど、見事に様々な答えが返ってきました。その勉強スタイルが自分に合っていれば、それで良いと私は考えています。でも、時々他の人の意見も参考に、細く長く勉強を継続していきたいと私は考えています。

 

category / 未分類

アーカイブ

お仕事探しに役立つサイト

関連ブログ

TOPへ戻る