2014年3月3日

仕事と家庭を両立しながら勉強するコツ③

こんにちは♪

しこく女性のワークスタイル研究室 山口です。

 

今回は「仕事と家庭を両立しながら勉強するコツ」について、

リレー形式でお伝えしています。

 私たちのようなワーキングマザーにとって、家事や子育てをこなしながら勉強の時間をいかに作るかが、最大のキーワードになりますよね。

 「何か資格でも取っておきたい」

「社会復帰のときに役立てるために勉強したい」

 何かしようと思い立ったときのモチベーションってとても大切です。

この勢いに乗れば、今の自分をちょっとUPできる大切なきっかけになると思います。

 IMG_6728

それに反して<やりたくてもできない>自分への言い訳はたくさん湧いてきます。

<やらなくちゃ>とか<やりたい>ことよりも、この<やりたくてもできない>に逃げてしまいがちです。

 

・  資格取得したくても、時間がない。

・  家事や子育てに時間を取られ、自分の時間を作れない。

・  家族の理解が得られにくい。

・  何の資格を取ればいいのか分からない。

 

自分への言い訳は、自分に優しい理由がたくさんあります。

ここは一つ、最初の<やりたい>勢いのままスタートを切ってみては?

 

私は思い立ったらすぐにテキストを購入します。そして可能な範囲での自分の時間を管理できるようなスケジュールを、はじめに組んでしまいます。

 

このやり方で私は今まで資格取得をしてきました。自分のためにと、毎年何かしらの資格の勉強をしています。宅地建物取引主任者とかファイナンシャルプランナーとか販売士とか・・・そのときに自分が興味を持ったもの、またどこかが繋がっているものを選んでいます。

 

学習時間についてですが、平日は仕事があるので2時間程度。休日は家族との時間も考慮して5時間程度に組んでいます。

ちなみに私には中1と小4の息子がいます。ちょうどその確保した学習時間は、子ども達の家庭学習の時間にもなります。母が集中して学習する姿に子ども達もつられて勉強します。

母の学ぶ姿は、子どもの成績向上につながります。

子どもさんの成績に悩める母は、ぜひ実践してみてください。

 IMG_1014

さて、ここで私の資格取得のための時間管理術についてまとめます。

①     取りたい資格の教材を購入(テキストと問題集のみ)

→学校に通う時間は取れないので、基本独学です。

②     スケジュールを組む

A)教材の第一章(大体10Pくらい)を学習し、その所要時間を計る。

B) 区切りのいいところごとの必要な時間ごとに枠を作り、所要合計時間も計算する。

C) 試験日から逆算して、それを何日でやりきるかをカレンダー形式で記入する。

③     毎日の学習の終了時に進み具合を記入し、+(プラス)-(マイナス)で成果を日々割りと積算で見る

→遅れていれば明日の勉強時間を増やすし、余裕があると少しサボります。

④     家族(特に子ども達)の協力を得る。45分学習15分休憩なら、その15分の内5分以内の家事を毎回ノルマとして与えます。

→たとえば兄にお風呂掃除、弟に猫のトイレ掃除。早く終われば残りは休憩時間。

⑤     自分のためにしているのだから、楽しそうにすること!

→勉強できるって、ありがたいことだと周囲に感謝します。

 

子どもに勉強しなさいって言いながら、テレビの前でゴロゴロしていたら子どもだって嫌になるでしょう。母が楽しそうに勉強すると、子ども達も自発的に取り掛かるようになります。そんな姿勢から、子ども達に伝えていけるようにがんばりたいです。

 

さて、今年は何の勉強をしようかな?

category / WORK

アーカイブ

お仕事探しに役立つサイト

関連ブログ

TOPへ戻る