【四国の雇用経済市況】2017年5月の動き

松本 強志2017年7月6日 by松本 強志

愛媛県

雇用失業情勢は引き続き、着実に改善が進んでいる。

新規求人数は、前年同月比2.2%(244人)増の11,426人となった。

新規求職者数は、前年同月比1.8%(104人)減の5,545人(うち雇用保険受給者1,658人)となった。

有効求人数は、前年同月比3.5%(1,078人)増の31,564人となった。

有効求職者数は、前年同月比2.4%(564人)減の22,468人となった。

香川県

雇用情勢判断は引き続き、改善している。

有効求人倍率(季節調整値)は前月より0.05ポイント上昇で1.77倍(全国第7位)であり、70か月連続で1倍台となっている。

新規求人数(原数値で前年同月比)は全体で1.5%増の8,900人であり、2か月連続で増加した。

新規求職数(原数値)は4.4%減の4,373人であり、6か月連続で減少した。

高知県

雇用失業情勢は、引き続き緩やかに改善している。

有効求人倍率は1.15倍で、前月を0.02ポイント下回り、前年同月を0.04ポイント上回った。

新規求人数は、前年同月比2カ月連続で減少した。

新規求職者数は、前年同月比6カ月連続で減少した。

有効求人数は、14,407人で前年同月比265人1.8%減少、26カ月ぶりに前年同月を下回った。

徳島県

現在の雇用情勢は引き続き、着実に改善が進んでいる。

有効求人倍率(季節調整値)は1.34倍となり、前月を0.06ポイント下回った。正社員有効求人倍率(原数値)は0.83倍となり、前年同月を0.05ポイント上回った。

有効求人数(原数値)は前年同月に比べ0.6%増の15,656人となり、有効求職者数(同)は前年同月比2.6%減の12,739人となった。

新規求人数(原数値)(パートを含む)は前年同月に比べ0.4%増の5,645人となり、新規求職者数(原数値)は前年同月に比べ0.4%減の3,024人となった。

category / 四国の雇用経済市況

この記事を書いた人

松本 強志

松本 強志

名古屋から地元愛媛にUターン転職。四国を元気にしたい思いでエンジニアから総合人材ビジネスへ転職。システム担当、総務担当、請負事業推進担当を経て現在、自分と同じ様に四国に戻って働きたい、四国で暮らしたい方への就業支援に従事し、四国外での転職セミナー企画や移住者の声をネットを通じ発信している。

最新情報をメールで通知

アーカイブ

オススメ書籍

四国で暮らす 故郷で仕事を探す方法

お仕事探しに役立つサイト

関連ブログ

TOPへ戻る