再就職支援サービスのオリエンテーションで、3つのコツをお伝えしています。

2016年3月1日 by矢野 千春

AXNFJw36LoJaen51456809477_1456809762

 

皆様、こんにちは。

再就職支援コンサルタントの矢野です。

 

今回は、支援サービスの入り口となる「オリエンテーション」についてご紹介します。

 

「オリエンテーション」では、支援内容の具体的な説明・今後の計画・ご本人にやって頂くお約束等をお話しさせていただきます。

 

大きく3点あります。

 

【1】 「就職活動が仕事」である。

 

今までの生活のリズムが乱れると、体調を崩すことが多く、それが高じて病気になることもあります。

また、復帰する際、元のリズムに戻すまで大変困難を伴うことになります。

 

そうなると、外見にまでも影響してしまいます。

 

 【2】就職活動という山を6ケ月で登る。

 

6ケ月が1つの山となります。

 

人は6ケ月以上モチベーションを維持することができません。

また、6ケ月以上のブランクは採用側が敬遠します。

 

1年以内の就職は、6ケ月以上の準備が必要です。

6ケ月を逆算して計画を立てます。「急がば回れ」なのです。

 

 【3】家族の協力・理解を得る。

 

退職を家族に伝えられず、退職後もスーツを着用し通勤していることにし、毎日再就職支援会社に通うという話は、実はうそのような本当の話です。

 

逆に、家族の応援・支援を受けて早期再就職を実現させた方もいらっしゃいます。

奥様の実家に身を寄せ、家族全員が支援した素晴らしい事例もあります。

 

仕事をしていく上で家族の支えは不可欠なものです。

 

 


 

 

再就職を成功に導くにあたり、共通して言えることは「正しい道順」をたどり、準備をして活動していくことです。

 

 

次回は、支援のキモのひとつである「自己の棚卸し」についてご紹介します。

category / 就業支援について

この記事を書いた人

矢野 千春

キャリアカウンセラーとしての豊富な実績と、メンタルヘルスについての専門知識を活かし、受講企業・受講者それぞれの固有の課題に焦点をあて、個別の教育プログラムを提供している。 また、ThinkBuzan公認マインドマップ・インストラクター、メモリー・インストラクターとして、学校教育の分野において学生向け・キャリア教育・教員向けのメンタリング教育を実施。 厚生労働省委託事業「若年者就業支援センター」の運営責任者でもあり、若者の就職活動を支援し、早期離職を防止するために地域関係者と連携して様々な支援活動を行っている。

アーカイブ

お仕事探しに役立つサイト

関連ブログ

TOPへ戻る