「四国ユニーク人材採用企業」その二 愛媛県松山市のグループウェア国内シェア最大手の企業

加藤 士陽2015年3月28日 by加藤 士陽

あと一日、いえ、あと数時間で開花しそうな桜です。

咲くまで待ち遠しいですが、咲いてしまえばあっという間に散ってしまいますよね。 DSC08536

 

 

前回に引き続き、愛媛県松山市の企業さんからのお話を聞いてきました。

今回は、グループウェア開発、販売、運用の国内シェア最大手の企業です。

インタビューに答えてくださったのは、カスタマー本部のK副部長と開発部のMさんです。
この企業さんの設立は1997年で、従業員数は400名です。

ITベンチャー企業として創業して、怒涛のような事業展開をされてきました。

創業期には社員さん全員が「民族大移動」といわれるような異動をされたり、

この10年以内では積極的に海外にも事業展開をされています。

現在では、東京証券取引所市場第1部にも上場されている有名な企業さんになりました。

 

そういったグローバル企業さんですが、

四国の愛媛県で事業所を構えている理由や、

「公正明大」をモットーとする透明性がある社風のこと、

残業が多いイメージがあるIT企業で、ワークライフ・バランスを大事にされていることなどを話していただきました。

 

ワークライフバランスが社内で浸透されているなかで、「どこででも仕事ができる」というルールがあり、

インタビューをしていた社内カフェのなかで、社員さんがPCに向かって仕事をされていたのが印象的でした。

category / 四国ユニーク人材採用企業

この記事を書いた人

加藤 士陽

加藤 士陽

アビリティーセンター株式会社所属の人材採用コンサルタント。1972年愛媛県新居浜市生まれ。大学を卒業後、グラフィックデザインやソフトウェア開発のフリーランスを経て現職に至る。現在は香川県、愛媛県、高知県、徳島県に本社を置く企業の採用担当者に、Webや紙面媒体での採用広告制作、リクルートイベント企画などのサービスを提供している。

お仕事探しに役立つサイト

関連ブログ

TOPへ戻る