愛媛県南予地区ユニーク企業の特徴と課題

加藤 士陽2015年4月3日 by加藤 士陽

今日は愛媛県南予地方に来ています。

 

高速道路が通っている山間部の里や海岸沿いにある果樹園がある山にも、
満開の桜が風景をにぎわせています201504amri5d

 

 

愛媛県南予地方では一次産業が基幹産業ですが、

食品、機械メーカーはじめ一次産業関連製品メーカーなどの二次産業の企業さんも多数存在します。

そういったメーカーさんのなかでも、輸送が不便な南予地域から全国へ事業を展開している企業さんも少なくありません。

 

この地域にも全国大手家電メーカーさんがあり、地域の雇用に貢献されていましたが、
数年前に南予工場の閉鎖があり、この工場に勤めていた方は他の地域の工場や別の業種や職種に転換していきました。

ですので南予地域のメーカーさんは、近くに取引できる大手メーカーさんがないので、
この地域以外の取引先を増やすために、市場の調査を徹底的に行い、ユーザーさんが満足できる製品を作っています。

 

企業さんそれぞれに主力製品がありますが、市場は刻一刻と変化しているので、

製品を次々に開発する必要があります。
その技術力は全国レベルでなければなりません。

 

ただ高い技術力を誇る企業さんにも悩みがあります。それは人材不足です。
愛媛県では県庁所在地の松山市には仕事をもとめて人が集まりますが、
愛媛県南予地方出身の方は、学校を卒業すると他の地域に就職してしまいます。

 

こちらのメーカーさんは、他の地域のメーカーさんにも劣らない技術を持っていますが、

その技術力や企業名はあまり知られていません。

愛媛県南予地方の出身の方ですら、一度この地域を出てしまうと、「故郷には仕事がないよなぁ。」という先入観があったりします。

 

人口が減りさらに高齢化が進む地方では、産業振興のために就労人口の維持は欠かせません。

category / 四国ユニーク人材採用企業

この記事を書いた人

加藤 士陽

加藤 士陽

アビリティーセンター株式会社所属の人材採用コンサルタント。1972年愛媛県新居浜市生まれ。大学を卒業後、グラフィックデザインやソフトウェア開発のフリーランスを経て現職に至る。現在は香川県、愛媛県、高知県、徳島県に本社を置く企業の採用担当者に、Webや紙面媒体での採用広告制作、リクルートイベント企画などのサービスを提供している。

お仕事探しに役立つサイト

関連ブログ

TOPへ戻る