自分自身も成長しながら、子どもたちを育て上げたい(1/2)

ミヤウチ2019年3月8日 byミヤウチ

ミヤウチ

愛媛新聞読者部で仕事をしておられる松本このみさんにお話をうかがいます。よろしくお願いします。

 

 

 

松本さん

よろしくお願いします。

 

 

 

アビリティーセンターに登録したきっかけは? 

 

ミヤウチ

松本さんは、上が9歳、下が2歳になったばかりのお子さんがおられるのですね。

 

子育て真っ最中のお勤めは大変だと思います。アビリティーに登録されたきっかけはどういうことだったのですか。

 

 

 

松本さん

シングルマザーになったことです。仕事が決まらないと家も借りれないですから焦っていました。

 

ずっと以前にアビリティーに登録して短期のお仕事をさせていただいたたことがあったので、思い出して、昨年の夏に再登録しました。

 

10年ぶりの登録だったのですが、コーディネーターの方が覚えていてくださったんです。それはとてもうれしかったですね。

 

 

 

ミヤウチ

そのときに、アビリティ―にはどのような条件をお話しされましたか。

 

 

 

松本さん

フルタイムだけど、子育てがメインなので残業がないことを一番にお願いしました。

 

まだ保育園も決まってなかったのでどうしようって焦っていましたね。

 

そんなことなども相談に乗ってもらいました。

 

 

 

新聞社という大きな会社に挑戦しようと思ったのはなぜ? 

 

ミヤウチ

プライベートでとても混乱しておられた中で、こんな大きな会社、しかも新聞社でのお仕事ということで、緊張されたと思います。

 

挑戦してみようと思われたのはどうしてですか。

 

 

 

松本さん

面接当日は、せっかく紹介していただいたのだから、とにかく行かなきゃと思ったんです。

 

アビリティ―の担当の片上さんに連れてきてもらったのですが、もう頭の中は真っ白で、何をしゃべったか覚えていません。

 

それが、ありがたいことに採用していただいたんです。とにかく一生懸命がんばろうと思いました。

 

 

 

仕事内容は本社や印刷センターの見学を対応 

 

ミヤウチ

今は、どんなお仕事をしておられるのですか。

 

 

 

松本さん

メインの仕事は、本社の見学と、伊予市にある印刷センターの見学対応です。

 

主に小学生の社会科見学の案内しています。

 

一般の団体の方の案内もしています。社内を案内しながら、どんな仕事をしている部署なのかをお話していきます。

 

 

 

ミヤウチ

来る子どもたちは、松本さんが新聞社の顔となって説明しているととらえますからね。

 

これは緊張しますね。

 

 

 

松本さん

そうなんです。でも、私はこれまで事務のお仕事はしたことがなくて、接客のお仕事はしていたんです。

 

だから、人の前に立つということの方が事務よりよかったかもしれません。

 

 

 

ミヤウチ

なるほど、それは向いていたかもしれないですね。

 

 

 

松本さん

でも、やはり新聞社のこととなると知識がないですので、勉強しなければならないことばかりで大変ですが、案内すること自体はすごく楽しいです。

 

 

 

仕事をする上で気をつけている事は積極的に聞くこと

 

ミヤウチ

お仕事をしながら気をつけていることはどんなことですか。

 

 

 

松本さん

先輩や上司にとにかく聞くことですね。

 

本当に分からないことだらけですから。

 

恥ずかしいくらい聞いています(笑)。

 

 

 

ミヤウチ

ああ、そんな風に聞けるのは、やっぱり、女手一つでがんばっている母親の強さがあるからこそですね。

 

聞くことができるのは素晴らしいことだと思います。

 

 

 

松本さん

ありがとうございます。

 

会社の皆さんにはほんとうによくしていただいてますので、今は、何も困っていません。

 

子どもが急に熱を出したときなどもこころよく休ませていただきますし、本当に助けてもらってばっかりです。

 

続き(2/2)はこちらから→

category / 四国の働き方図鑑

お仕事探しに役立つサイト

関連ブログ

TOPへ戻る