【名古屋から愛媛へ移住】西条ブルーベリー農園・寺田さんご夫婦インタビュー(3/4)

松本 強志2014年11月13日 by松本 強志

icon_ou0こんにちは!四国転職netのコンサルタント・王です。

6年前に愛媛県西条市に移住した寺田さんご夫婦のインタビュー第三回。

今回は、農業についてのお話です。

>【バックナンバー】第一回のインタビュー記事はこちら

>【バックナンバー】第二回のインタビュー記事はこちら

MG0013

 

i_ou02四国へのU・Iターン希望者で「農業をしたい」って言う人もいますよね。

 

i_t02たくさんいますよ。「農業やりたい」とか、「漁業やりたい」とか。いまだにFacebookとかにコメントがくるんですよ。本気で相談してくる。

ただ、やっぱり何かきっかけがないといけないんですよね。

うちはたまたま家と土地があったんで、そんなに心配することなく始められたんですけど。

最近は、市町村で家と農地を合わせて情報を出してるところが増えてる。

そこまでしないと、まったく縁の無い土地に来るのは難しい。

 

 

i_ou02相談できる人がいないと厳しいですよね。

 

i_t02西条は、まったく知らない人が「農業やりたい」って来ても、繋がりを市が中心に作ってくれてます。

市がけっこう一生懸命やってて、情報交換をできるようにしてくれてて・・・西条はそれがすごくいいですよ。

誰も知らない土地に来て、市がそういうのを斡旋してくれて、会合とかイベントで知り合うんですよね。ほぼ全員知ってますよ。

 

i_k02多分、行政がしっかりしてると思います。

他の県の人とかと話をしたりしても、西条は意外に農業に関してはしっかりサポートしてくれてるほうだと思います。

それから、“ちろりん農園”っていう有機野菜栽培農家の夫婦が丹原にいらっしゃって、その人が全国的に有名な人みたいで。

けっこうその人のところに相談に来る人が多いんですよ。日本全国からその人を頼ってきて。

就農の相談ができるような人がいて、土地まで紹介してくれると話が早いのかな。

 

DSC06687

 

i_ou02そういう方達と事前に相談できれば心強いと思いますが、市や団体で紹介してもらえるのですか?

 

i_k02出会える機会はあると思います。でも多分、意欲のある人は自ら行動されるんじゃないかしら?

私たちも名古屋にいたときは、三重県とか岐阜県とかに直接お話を聞きに行ったりもしましたし。

多分、そこまでのアクションを起こすと、そこからまた繋がりができてくるのかなと思います。

 

i_t02それに今は、国が新規就農者に対して750万補助してくれるんです。

>>西条市ホームページ_青年就農給付金事業(経営開始型)

750万もらえたらけっこう何でもやれちゃうんですよ。土地も県が探してくれるし。0からスタートした人が2人いるかな。

そういう助成金の制度があるので、今はすごいはじめやすいですよ。

 

 

i_ou02そういった制度があると助かりますよね。西条は農園が盛んなイメージがあります。

 

i_t02意外にいっぱいお客さん来てくれるんで、すごい助かりますよ。

「もぎたて倶楽部」さんの活動がいい影響があって、”フルーツ=フルーツ狩り”っていうイメージがついてるんです。

 

最初、ブルーベリー狩りなんてやってなかったんですよ、うち。

そしたら「ブルーベリー狩りに来ました」ってお客さんがちらほら来るんですよね。「うち、やってないんですけど」って最初は断ってたんですけど、あまりにもちょくちょく来るんで「いいですよ。採ってください。籠かしますから」って。それから始まったんです(笑)

 

西条はいいですよ、フルーツ作るんであれば。フルーツ狩りが盛んなんで。

何でも「○○○狩り」にしちゃえばね、お客さん来てくれるし。農業は今が旬ですよ。

 

i_k02ブランド振興課とかもあるし、市が都会のほうに売りに行ったりとかしてくれるし。実際うちの果実も、市の担当の方が売りに行ってくれたりもしてくれてたんですよ。

それで、取引があったところも何件かあるし。バックアップがすごいです。

 

・・・次回に続く

 

 

icon_ou0西条では就農の際に相談できるところが多く、市の制度も整っていて農業を始めやすい地域のようですね。

次回はついに最終回!移住後の人とのつながりや、田舎暮らしについてのお話です。

>【バックナンバー】第一回のインタビュー記事はこちら

>【バックナンバー】第二回のインタビュー記事はこちら

category / 四国へ移住

この記事を書いた人

松本 強志

松本 強志

名古屋から地元愛媛にUターン転職。四国を元気にしたい思いでエンジニアから総合人材ビジネスへ転職。システム担当、総務担当、請負事業推進担当を経て現在、自分と同じ様に四国に戻って働きたい、四国で暮らしたい方への就業支援に従事し、四国外での転職セミナー企画や移住者の声をネットを通じ発信している。

お仕事探しに役立つサイト

関連ブログ

TOPへ戻る