就職活動に際して、準備しておくべき3つのポイント~ビジネス基礎力編~

加藤 士陽2013年11月13日 by加藤 士陽

ビジネス基礎力をつけるためのトレーニングの一つに、

挨拶の重要性が挙げられます。

 

またそれに関する記事も本も限りなくあります。

ただ、ここで一つの疑問があります。

『挨拶ができている社会人ってあんまりいないと思うんですけど…↓』

blog0001

実際、挨拶の重要性を教えている先生が、挨拶ができるとは思えませんし、

かくいう私も十分に挨拶できているとは言いがたいです…(汗

 

それでは、どうして社会人なのに挨拶できる人が少ない印象があるのでしょうか?

自分の事を考えてばかりで忙しすぎる。

ゆとりがない。

話しかけられたくない。

など色々その人なりの事情があると思いますが、

 

「この前面談した時には、気持よく挨拶してくれたのに、

今日会って挨拶したら、無愛想だった?」

ということが往々にしてあります。

 

ですので、現実的に難しいのは、改まった場所で挨拶をすることではなく、

例えば、通りすがりに、突然挨拶をされた時の反応にこそ、

その人の「挨拶力」がわかってしまうのです。

 

だから、企業の面接官も、面接の時ではなく、

待合室での挨拶力を見ていたりしています。

 

頭で考えて、元気な挨拶ができるというレベルではなく、

なにも考えずに、相手の印象に残るような挨拶ができる様にならないと、

突然の出来事には対応できません。

 

自分が気に入って貰いたい相手は、

面談の時の印象よりも、何気ない普段の行動を覚えているものです。

 

面接突破のためにも、

そして、その後のビジネスのためにも、

挨拶の習慣とトレーニングは重要なスキルです。

category / 地方での転職活動のコツ

この記事を書いた人

加藤 士陽

加藤 士陽

アビリティーセンター株式会社所属の人材採用コンサルタント。1972年愛媛県新居浜市生まれ。大学を卒業後、グラフィックデザインやソフトウェア開発のフリーランスを経て現職に至る。現在は香川県、愛媛県、高知県、徳島県に本社を置く企業の採用担当者に、Webや紙面媒体での採用広告制作、リクルートイベント企画などのサービスを提供している。

お仕事探しに役立つサイト

関連ブログ

TOPへ戻る